気になるほくろを除去する方法【専門クリニックを受診】

除去の方法

カウンセリング

施術の仕方や経過について

目立つ部分にあるほくろをコンプレックスに感じる人も珍しくありません。ほくろを自分で取ろうとしても難しいですし、下手に弄ってしまうと取れたとしても跡に残ってしまう恐れがあります。自力でなんとかしようと考えずに皮膚科や形成外科、そして美容外科などの専門クリニックを受診することをおすすめします。状態や施術内容によっては保険が適応されますので、低コストで除去できるケースもあります。気を付けるべきことはどのクリニックを選ぶことか、そして施術方法です。皮膚科は皮膚の疾患や異常などに対応する機関ですから、仕上がりの美しさを求めるというよりも病気やトラブルを治すことを目的としています。そのため保険が適応になることがほとんどなのですが、美しさを求めた仕上がりにならない場合もあります。除去後の美しさを求めるのならば形成外科や美容外科が適切でしょう。そもそもほくろは病気ではないと認知している人がほとんどです。しかし、悪性の場合はガンなどの可能性がありますので注意が必要なのです。取り除いたほくろを検査に出す場合は保険が適応になるケースが多いので、費用に関しても一万円以内で行えるところが多いでしょう。まずは医師に診断してもらうことが大切です。ほくろの除去を行う時には施術内容にもよりますが麻酔を使用することが多いので、女性の場合は妊娠中や授乳中は避けるようにするのが賢明です。麻酔の影響が赤ちゃんにも及ぶことがありますので、除去する際には妊娠中を避けて産後は卒乳してから行うと安心です。それ以外にも現在進行形で何かしらの薬を服用している場合は必ず医師に相談してから行いましょう。ほくろの状態によって向いている施術方法が異なります。突起しておらず小さめの場合は液体窒素や炭酸ガスレーザーなどが使用されます。一度の施術では除去できないことも多いですから何度か通院する必要があります。突起していたり大き目のいぼ状になったりしているほくろに関してはくり抜き法や切除縫合法が行われることが多いでしょう。その場合、施術後のケアの仕方によっては除去した跡が色素沈着として残ってしまったりへこみが生じたりすることもありますので、除去しただけで完了だとは考えずにしばらくはケアを続ける必要があります。特に紫外線には気を付けてください。傷は紫外線の影響で色素沈着がしやすい状態になっています。テープなどでしばらくは保護しましょう。カウンセリングを受けてからそのまま施術に移行する場合もありますし、クリニックによっては後日施術になりますのでまずは電話で確認してみてください。

種類を知ることで

顔に触れる女性

ほくろの除去は、種類などから最適な方法で切除することが必要となっています。専門クリニックであれば、最適な治療方法でほくろを除去してもらうことが出来るようになっています。新しい治療方法もあります。選択肢がたくさんあります。

詳しく見る

人生が変わることもある

医者

ほくろ除去が人気なのはコンプレックスを解消できるからです。人によっては除去したことで人生が変わることもあります。ただし、ほくろ除去に関する正しい情報を知っておくことが大事です。インターネットで情報を集めてみましょう。

詳しく見る

費用が安くなった

顔に触れる女性

ほくろの治療費用は100万円以上かかったものですが、今では数十万円でできるようになってきました。初心者でも分割払いやクレジットカード払い可能なら受けてみたいという人も居ることでしょう。実際に、治療を受ける人が多くなってきています。

詳しく見る

除去手術とレーザー治療

カウンセリング

できるだけ跡を残さず綺麗にほくろを取り除きたいなら、美容クリニックで施術を受けるのがお勧めです。ほくろ除去には炭酸ガスレーザーを使う方法とメスで切除する方法があり、ほくろの大きさや部位によって使い分けられます。

詳しく見る

Copyright© 2019 気になるほくろを除去する方法【専門クリニックを受診】 All Rights Reserved.