気になるほくろを除去する方法【専門クリニックを受診】

除去手術とレーザー治療

カウンセリング

目立たない仕上がり

ほくろが急に大きくなってきたり、いびつな形になっていたりする場合は、悪性腫瘍の可能性があるため皮膚科で診察を受けることが大切です。しかしほくろ治療を希望する方の大部分は、見た目を改善したいという方です。そのためできるだけ傷跡を残さず、施術したことが分からないように治療する必要があります。一般の皮膚科で治療を受けると、病気の確認のほうが優先されて美観は後回しにされがちです。美容クリニックでは仕上がりの綺麗さに最大限の注意を払い、肌への負担が少ない施術方法が選択されます。コンプレックスになっているほくろを除去するには、こちらのほうが向いているでしょう。ほくろはイボと違って、皮膚の深い部分に根を持っていることが多く、表面を削っただけでは取り残しができる場合があります。しかし深く削ると傷が残ったり、赤みやケロイドが生じたりしやすいので、施術には十分に注意を払わなければなりません。小さな傷なら軟膏を塗ってテープで保護すれば、ほぼ跡を残さずに回復します。根が深いほくろを除去するには、大きさや部位に応じて専門の医師が適切な方法を選ぶ必要があります。症例豊富な美容クリニックであれば、アフターケアまで安心して任せられるでしょう。美容クリニックでほくろを除去するには、炭酸ガスレーザーを使用する方法と、メスで切除する方法があります。炭酸ガスレーザーは皮膚の水分に反応して高熱を発する性質があり、目的の色素細胞だけを蒸発させます。出血が少なく施術時間が短いのが特徴で、小さなほくろが数多くあるような場合に向いています。組織のサンプルを取ることができないので、悪性腫瘍の疑いがある場合には適していません。テープを貼っておけば、傷跡は2週間ぐらいで塞がってきます。メスで切除する場合、大きなほくろであれば傷口を縫合する必要があります。数日後に抜糸しなければなりませんが、患部を完全に取り除くことができ、治りも比較的早いのが特徴です。組織を採取して悪性かどうかの検査をすることもできます。技術力の高い医師なら、傷跡もほとんど目立たないように縫合できるでしょう。ただし皮膚の薄い部分で引きつれができる恐れがあるときは、レーザー治療のほうが適当です。小さなほくろであれば、縫合せずにテープで貼るだけの場合もあります。施術の後は翌日から洗顔できますが、傷が治るまでは患部を保護することが大切です。また再生した皮膚は紫外線に弱くなっているので、UVケアにも気をつけましょう。

Copyright© 2019 気になるほくろを除去する方法【専門クリニックを受診】 All Rights Reserved.